ワークマンの次はスポーツDEPOの「TIGORA・IGNIO」が流行る

夫のKORNです。

今回は健康維持や肥満解消の為にジョギングでもしようかなと言う方や、新しくアクティブなスポーツ趣味を始める方、登山やキャンプと言ったアウトドア趣味を始める方、子供の部活用品を揃えなければいけない方など、スポーツに関することで「何かを買う・揃える必要がある方」へ向けて発信します。

他に、洋服・ファッションに興味ある方、機能性の良い普段着を探している方にも有益な情報となると思います。

スポーツ店を使うようになったきっかけ

ニューヨーク・タイムズ紙, 印刷室, 1942, レポーター, 情報, 時事性, 通信, アーカイブ

私は前職を退職して現在の群馬県に引っ越しをしてから、登山趣味を始めるまでは体づくりをしようと思い「ランニング」を日課としていました。

30歳くらいまでは体重58Kgが平均値だったのですが、会社員時代の役職者を務めるようになってから残業時間が平均40時間前後でした。

そんな環境だったせいか、社員は皆「太っていきます」運動する時間はないし、休みの日にそんな気力も体力も残っていないから当然ですよね。家族サービスもありますし。

私も例に漏れず、退職時には蓄えた脂肪がピークを超え、歴代最大の63.8Kgまで増えてしまっていました。

せっかくこれだけ時間があって、体力消耗しても何も影響を及ぼさないのだから「体力づくりをしよう」となったのです。

私とスポーツDEPOとの出会い

みなさんスポーツDEPOっていったことありますか?私はスポーツ用品店というイメージが強く、スポーツする予定なければ特別足を運ぶことはありませんでした。

アルペングループが運営する大型スポーツ用品店「スポーツDEPO」デポという言葉は「規模が小さい倉庫、小型の配送拠点」。その名の通り郊外に大きな店舗を構えています。

これまでスポーツ用品店で何か買おうと意識したことはありませんでした。

漠然と「子供と遊んで汚れても洗えるスポーツ系普段着が欲しいと思い」引っ越してきて家の近くで大きいスポーツ用品店として「スポーツDEPO」があった為、適当にフラッと立ち寄りました。

ちょうどセール時期だったのもあり、とにかく店内が「安い」セール品の30%〜50%OFFで埋め尽くされている。

※季節の変わり目に行くとここは本当に凄いです。

安さの中で目についたのが「TIGORA」「IGNIO」がやけに安い。IGNIOに関してはTシャツ500円とかだし。

衣料品でシンプルで低価格といえば代表格が「ユニクロ」と「GU」と誰もが連想しますよね。自社開発のプライベートブランドの代表格だ。他社のブランドを使わないから価格設定を自社で行えて、さらに計画開発物流まで自社で作れるので中間マージンもない。だから低価格なのだ。

スポーツDEPOを運営するアルペングループでは「IGNIO」と「TIGORA」がその「プライベートブランド」である。

私は体重が増えてしまったことで今まで着ていた「S」サイズの細身の服が窮屈になり、ついでに普段使い出来る服がないか探していました。

そして欲しい服の条件が、運動にも使えて、子供と遊んで汚れても問題なく、ガシガシ洗えて、破れたり壊れても気にならない程度のコストの低い服であることが条件と考えていました。

IGNIO【コスパ重視】

IGNIOのコンセプトはまとめると

  • ベーシックでありながらトレンドを取り入れたブランド
  • 日常に、スポーツのある生活
  • 高い性能や品質を表現しながらコストパフォーマンスに優れたアイテム

「IGNIO」は本当に「安い」多分、GU並かそれより安いのではないだろうか。

イグニオ レディース スウェットトレーナー IG-9P25000TJ IGNIO ¥1,043
イグニオ ゴルフウェア 長袖ウインドブレーカー (IG-1W1530F2W-HP) 裏地アルミプリントが熱を反射し蓄える撥水ウインドジャケット 袖脱着できる仕様 メンズ IGNIO ¥5,990



普通にシンプルで普段使いにできる。このウインドブレーカーは撥水と防風機能があるので登山にも全然使える。

あとはIGNIO印のありとあらゆるスポーツ用品が用意されてる。

何か新しくスポーツを始めたいときとか、子供の部活スポーツの道具を揃えるときは本当に助かりますね。

TIGORA【スタイリッシュなスポーツユーティリティーウェア】

今アルペングループが最も力を入れているのはTIGORAのブランド育成だろう。というのはECページを見ても、店内を見てもすぐに分かる。

TIGORAのコンセプトを3行にすると

  • アルペンの「ものづくり」はアスリートを支えてきた
  • その技術の機能性をスポーツシーンだけでなく日々のライフスタイルへ
  • 高機能で圧倒的低価格にすることで多くの人々にスポーツを身近にしたい

IGNIOよりは若干価格は上がるが、NIKE等の海外スポーツブランドと比べると圧倒的にお値打ちだ。

個人的見解で申し訳ないのですが、ひと昔前のアルペンPBは「ダサい」という印象でした。

ですが最近行ってびっくり。

TIGORA 2020AW

【サイズ交換1回無料】スポーツデポ公式通販サイト

かなりおしゃれになっている。服のシルエット、ラインを見ても流行を捉えており、何よりも「機能的」だ。動きやすいジョガーパンツやアウトドアライクなパイルジャケット。ダウンももっさりしておらずスタイリッシュ。色もスポーツ用品にありがちな原色ビビットカラーを使わずに、モノトーンやベーシックなカラーでコーディネートがしやすい。

今回紹介しているのはAW(オータムウィンター)シーズンなので、衣料への機能性のこだわりがすごい。アルペンはもともとスキー用品を取り扱っていた会社だ。冬物衣料に機能を備えるのは得意分野の本領発揮といえるだろう。

これだけの機能を備えてこのデザインでこの価格…。凄い進化を遂げていることにびっくりしました。

現代人のニーズと合致した商品

人, 女の子, 女性, 学生, お友達と, 話, 会議, 研究, グループ, アクティビティ, 宿題

私は常時50人以上働いているような職場で複数の地を転勤し、管理職を長年勤め、従業員、お客様含め多くの人と出会ってきました。

そこでここ数年の20代を見てきた印象として一言で言うと「合理的」である。

衣類に関しても見栄を張ってブランドで固めるとか、高級腕時計を買うといった価値観ではなく、機能的であることを求めている傾向が強かった。

インターネットの普及や親世代の教育価値観の変化など要因は多くあるだろう。

そして現在のスポーツユーティリティーウェアブームである。数年前まで「ジョガーパンツ」なるズボンを私は見たことがなかった。今では毎日履いています。

従来の自然素材の服だと、撥水性がないから濡れてしまう。乾くのが遅い。生地が伸びない。その上値段も高い。

機能性素材衣料であれば、撥水する。速乾性が高い。スポーツアクティビティにも対応できる伸縮性。値段も低価格。加えてスポーツ着に見えないデザイン性まで備わっている。TIGORAは非常に合理的な服だ。選ばれない要素はないだろう。

令和が始まる前くらいから「ワークマン」が流行っている。ワークマンも同じく、「圧倒的低価格」と「優れた機能性」が流行した要因であった。キャンプブームが同時期に起こっており、ワークマンの土木建築系などの現場で過酷な環境下でも現場で働く人が快適に使うアイテムが、キャンプと言うアウトドアの寒い気候での使用や汚れても大丈夫な機能性と合致したことなどで爆発的に伸びたのだ。

ワークマンはデザインを勉強中とのことで「ワークマン+」の出店など徐々に女性向け、一般向けなアイテムが増えてきている。アンバサダーの起用なども行いSNSも駆使しているようだ。

シンプルな衣料というと「ユニクロ」とバッティングしそうだが、ユニクロとは違い新しいTIGORAはスポーツウェアがベースの普段着。ユニクロにもスポーツユーティリティーウェアを謳っている商材はあるが、まだスポーツ感が強く、機能性も弱い。

一度きっかけがあれば間違いなく「TIGORA」は流行するだろう。スポーツ用品開発のノウハウによる機能性と、ファッショナブルなデザイン性が追加された洋服が「低価格」で購入できるのだ。

そして現在はコロナ禍。後押しするアウトドアブーム。街中に煌びやかなジャケットやコートで出かける人は減って、スポーツライクな服装で人の密集しない郊外へ出かけ、観光地や公園でスポーツやアウトドアを楽しむ人が増える背景は出来上がっている。

スポーツDEPOオンライン




【サイズ交換1回無料】スポーツデポ公式通販サイト

スポーツDEPOは大型商業施設なので基本的に郊外立地になります。都心部に住んでいる場合近くにないことがあります。

近くにない場合公式通販サイトがおすすめ。他の通販サイトで買えなくもない場合はあるが、公式通販はメリットが大きい。

  • サイズ交換一回無料
  • 5,000円以上送料無料
  • 最短翌日配達
  • スポーツ用品の取り扱いがメインであり雑多な情報がない
  • スポーツブランドもPBもセールの頻度が高い

私はランニングウェアや登山用品を探すとき、比較検討の為、スポーツDEPO以外のお店も回ることが多いのだが、他の店では値引きになっていないアイテムが「スポーツDEPOでは値引きになっていることが多い」ことに気がついた。

ここでスポーツDEPOと他を比較した特徴について

  • NIKE含むブランドアイテムは低価格帯アイテムで揃えている
  • PBアイテムが充実し低価格
  • お店が広い為、アイテム数も種類も多い

デメリット

  • 低価格がメインなので専門的な高価格アイテムがない
  • デザインに特化した高価格帯もあまりない
  • 取り扱いブランドもメジャーなものが多くマニアックなブランド、アイテムは少ない

アウトドア・登山用品も低価格



登山用品で買い足したいものがある場合も私は最初にスポーツDEPOへ足を運びます。

低価格PB開発企業の業界トップとは、今や小売業界では勝ち組と呼ばれる企業でしょう。

  • スーパーならイオン
  • 洋服ならユニクロ・GU
  • インテリアならニトリ

そしてスポーツ用品なら「スポーツDEPO」のアルペングループ。

まず何かを始めるときは最初にここを押さえるべきです。低価格なPB(プライベートブランド)商品が何かしらあります。

実際に私が雪山へ登る際の道具調達にもスポーツDEPOを利用しました。

ゲイターはAmazonでも買えましたが、いるかどうか分からなかったので最後まで迷いました。ネットで行く前日の様子を調べたら40cm積雪あるとのことで、もう通販は間に合わないのでスポーツDEPOで買いました。

この写真のアイテムのロゴ「SOUTH FIELD」というのもアルペングループのP B規格なのですが、アウトドア向けPBで非常にコスパが高い。そして一部TIGORAに統一されるのかな?残っているアイテムが一部「値引き」され、後継品と思われるものがTIGORAロゴで展開されていました。お買い得です。

このロングゲイターが1,990円とはお得。他のスポーツ店も行きましたが、「無駄にピンクやイエローで蛍光色」だったり、モンベル製の5,000円超のアイテムだったりと良いものが見つからなかったので助かりました。

他にもトレッキンググローブ、インナータイツはSOUTH FIELDのものを使っています。トレッキングポールはTIGORA。

子供が少し大きくなったら一緒にキャンプも始めたいと思っています。そんな時でもコスパ最強なのがサウスフィールドとIGNUO

サウスフィールド ポップアップテント 1~2人用 (SF6038TPT DBL) ワンタッチテント サンシェードテント マリンレジャー SOUTH FIELD 暑さ対策 ¥1,990 (税抜)

イグニオ ドーム3 IG19301TD キャンプ ドームテント ソロテント ソロキャンプ 一人用 2人用 3人用 IGNIO ¥6,481 (税抜)

こういうアウトドア用品はネット通販でも謎の中国製の低価格アイテム出てきますが、リアル店舗ではないので「保証」が怪しいですよね。

何かあってもスポーツDEPOほどの巨大企業、お店は全国にありますし、カスタマーサポートも行っている。買ったけど一部不良があったけど泣き寝入り。ということは起きないでしょう。

お金をかけずに趣味を始めたい人へ

キャンプ, テント, 友人, 泊, アドベンチャー, キャンプファイヤー, 自然, 旅行, 風景, 屋外, 夏

Instagramなんか見てると特に「キャンプ系」は凄いですよね。アウトドアブランドアイテムで固められていたり、アウトドア家具や大型テント。煌びやかな写真。おそらく宣伝も兼ねている一般を装った「業者」の写真でしょうが、まるで「富豪」のようです。

キャンプ用品はかなり「沼」で集めるとキリがないほどにお金がかかります。そして一点一点結構高い。それでも始めてみたいんですよ。

登山も同様、キャンプほどではないが最初は道具の準備にお金がかかる。ランニングを始めよう。と思っても運動着がないしせっかくならおしゃれなやつがいい…。という人も、まず最初にスポーツDEPOをチェックすることをおすすめします。

私は完全にスポーツDEPOファンになってしまいました。

アプリをダウンロードするとポイントカードの機能があります。

ここでよく買い物をするのでプラチナ会員になってしまいました。ランクが上がればポイント付与率が高くなるので、贔屓にすればするほどお得です。

人間はいくら豊かな生活をしても体を動かさないと不健康になります。

どんなに権力がある大富豪でも肥満と病気には勝てません。健康になるためには適度な運動が必要です。

スポーツもアウトドアも衣料や道具が安く揃えられる事が最初は何より重要。普段着も一度スポーツテイスト衣料の「着心地の良さ」を知ってしまうと、元のデザイン重視の高級衣料には戻れません。

過去の「ダサいスポーツ用品店」というイメージが払拭された「スポーツDEPO」を一度チェックすることをお勧めします。



Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP