それって風邪じゃないかも【蓄膿症】

夫のKORNです。季節の変わり目で結構体調を崩しやすいです。

この記事を書いている11月も一気に寒くなったりそうでもなかったりと、温度差が激しく、やはり体調が崩れました。

私の風邪による体験記を通して、同じような症状で困っている方の助けになればと思います。

風邪をひいたらどこにいく?

病院, 緊急, 入り口, アーキテクチャ, 建物, 医師, 看護師, 医療, ヘルプ, 健康, 医学

私の場合、風邪をひくと症状が毎回全く同じです

  • 喉が痛くなる
  • 鼻水が出るようになる
  • 鼻が詰まる
  • 熱っぽくなるが高熱は出ない
  • 粘つく鼻水になる
  • 自然治癒では治らず、かかると1ヶ月近く長引く

拗らせると、痰がからむ、扁桃腺が腫れる、体の節々が痛くなるなども発生します。

かれこれ7年くらいはこれを繰り返している気がします。

喉が痛くなるので私は必ず「耳鼻咽喉科」に行きます。

会社務めの頃からずっとこの調子だったので、千葉県船橋市、群馬県桐生市、みどり市、石川県金沢市、愛知県名古屋市、と転勤で転々として複数の耳鼻科にかかっていました。

多くかかってみて、病院によって診断が違うことがわかりました。

風邪と診断されるが

Dr, 医者, 医師, 女性, プロフェッショナル, 聴診器, 医学, オフィス, 参照, 治療, 診断

基本的に診断として色々通った初期の頃は「風邪」と診断され、「抗生物質」と所謂「風邪薬」と「痰が出やすくなる薬」と「解熱剤」が処方されていました。

しかし一向に治らない。

「自分ってなんでこんなに体が弱いんだろう」と自己嫌悪になります。

ただの風邪なのに、なんで毎回拗れるんだろう…。

当然ながら、「市販の風邪薬」も全く効きませんでした。

薬が切れてもう一度訪れても、「薬続き出しておきますね」

という感じでまた同じような薬が出される。解熱鎮痛剤を飲みながら辛い日々が続き、1ヶ月くらいしたらある程度症状が緩和して気付いたら良くなっている。というパターンをずっと繰り返していました。

鼻カメラを入れられて

Mri, 磁気共鳴イメージング, 診断, 病院, テスト, 研究, 医療, 健康, 病気, 医者, メディック

こんな症状を繰り返しながら6年くらい経った頃、名古屋への転勤で新しい耳鼻科に通うことになりました。

私の場合季節ものを取り扱う仕事だったので、仕事の激務と季節の変わり目が重なることが多かったです。そのせいか、激務後に体調が崩れ「風邪」をまた引きました。

新しい耳鼻科になり、そこでは診察の度に「鼻カメラ」を入れられました。

鼻カメラを入れられ、お医者様が何かを見つけたようだ。

「これ、蓄膿症になっているね」

蓄膿症?初めて聞きましたが。名称は聞いたことがあったけども…。

蓄膿症の薬が処方され、少し時間はかかったが2週間くらいである程度症状は治った。

そこから1年くらいして、現在の群馬県高崎市に移住。

今回は普通に季節の変わり目と乾燥からか、また「喉が痛くなった」例に漏れず熱っぽく、鼻がつまり、怠くなってきたので「耳鼻咽喉科」に行くことにした。

クリニック選びの重要さ

風邪, 病気, 発熱温度計, 温度上昇, 微熱, 医療, 薬瓶, 水薬, 計量カップ, ハンカチ, 鼻水

本当に何度この風邪を繰り返すのだろうか。と思いながら近所で耳鼻咽喉科を探す。

ぐんま耳鼻咽喉科クリニック

近所だとここかなと思いかかってみた。

同じくここでも「鼻カメラ」を毎回入れて患部の様子を直接確認してくれました。

なにより、お医者様の感じがすごく良く、「優しい先生」なのがポイント高い。

ちゃんとこちらの話をニコニコしながら聞いてくれます。

過去に別の県に在住していた時にかかった耳鼻科が本当に最悪でした。以下のような場所でしたら通わないことをお勧めします。

  • 先生の感じが悪い
  • こちらの症状の話を聞いてくれない
  • 繁忙期や当番医の時に露骨に態度が悪くなる
  • Google MAPのレビューが異常に低い

そこは建物は比較的新しかったのですが、先生の態度が不快で、かつ患部もろくに見ず、薬だけ出すといった感じでした。

今回かかった「ぐんま耳鼻咽喉科クリニック」は文句なしだったので、通うことにしました。

ここでも鼻カメラを入れた後、

「蓄膿症ですね」

と診断されました。

風邪をきっかけにウイルスが鼻の奥に入っているから蓄膿症になるらしい。

蓄膿症と処方されたお薬

クローズ アップ, 薬, 医療, 医学, 丸, 処方, 錠剤, 治療, 医薬品, 薬局

まず、自分が「何の症状で苦しんでいるのか」を明確に知ることって大事ですよね。

漠然と風邪薬を飲んでいても「なんか効いてなくない?」という感じでした。

おそらく、今までずっと「蓄膿症」を患っていたのですが、発見には至っていなかっただけだと思います。

処方された薬は以下

これはあくまで私の場合はこれが処方された。というだけなので全ての方にこれが当てはまるわけではないのですが、参考までに。

そしてお医者様から言われたことが、

「蓄膿症は長引きますよ。多分症状完全落ち着くまで1ヶ月はみた方がいいかも…。」

と教えてくれました。

今までもなんとなく1ヶ月以上治るまでかかっていた気がするけど、こうやって的確に「原因」と「治るまでの目処」を教えてくれるのは非常にありがたい。

「多分風邪だけど治るまで1ヶ月かかっている」ではなく、「蓄膿症で治るまで1ヶ月かかっているがそういうもの」と理解しているだけで精神的負担が大きく違う

蓄膿症再発と対策

風邪, 風邪をひく, 嗅ぐ, ハンカチ, 発熱温度計, デジタル温度計, 温度上昇, 光の温度, 病気

治ってから3ヶ月ほどでまた蓄膿症再発しました。

前回は2週間分の処方では治らず、もう2週間分の薬をもらい、結局1ヶ月程度治るまでに日数を要した。

今回も喉が痛くなってきたので「あ、またか」と思いクリニックへ。

薬剤師さんに色々聞いたことを参考までに

  • 治ったと思っても病院へ通って欲しい
  • 緩和しても根治には至っていないケースがほとんど
  • 結構この症状の人は多い
  • 風邪がきっかけなので免疫力を上げて風邪を予防すること
  • 体質的になりやすいがあるので、ならない人はならない

私の場合、「アレルギー性鼻炎」が慢性的なので、鼻に関する器官が弱いんだろう。後はもともと、小児喘息で体が弱かったことも影響しているのかもしれない。

幸い、私の体の弱さは息子へ全く遺伝していないようなのが安心。

以上です。私のように風邪だと思って苦しんでいる方、いましたら参考になればと思います。

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP