【レビュー】アンダーアーマーのマスクを買う前に【流行】

夫のKORNです。

私は洋服やアクセサリー小物など、ファッションが大好きです。

時計や眼鏡など身につける物にはこだわりを持っています。

2020年からコロナ対策でマスクの着用が一般的になり、着用が今やエチケット、常識、モラルといった観念となってますね。

ウイルスの遮断効果だと医療用不織布マスクが効果的ですが、やはりオシャレにも気を配りたいと、市場には多くの「布製」マスクが流通しております。

今回そんなマスクの中でもトップクラスの売り上げを誇る「アンダーアーマー」の高級(高価格)マスクの紹介をします。

値段が3,300円と一般的な布マスクの相場より1,000円ほど高いので、欲しいけど躊躇している方は一度見ていただければと思います。

機能について:UA スポーツマスク【抗菌】

-3Layer System (3層構造)-
1.表地:撥水加工を施したスペーサーエアーギャップ​
2.インサート:連続気泡ポリウレタンフォーム​
3.ライナー/イヤーループ:抗菌加工を施したアイソチルHEATGEAR

-Better Air Flow (通気性)-
通気性に優れたポリウレタン製フォームと独自の立体構造によるエアポケットにより、運動時でも呼吸がしやすく快適な付け心地を実現。​

-Performance Fit (フィット感)-
柔らかくストレッチ性のあるUAベースレイヤー生地と調整可能なノーズブリッジにより、顔の形にフィットし運動中の動きを妨げない。また、隙間なく装着できることで、眼鏡やサングラスの曇りも防ぐ。​

-Cool Feel (涼しさ)-​
肌に触れる部分に採用された冷感素材のアイソチルが熱をすばやく拡散し、涼しさを持続させる。また、抗菌加工が施されており、汗をかいても細菌の増殖を抑える。 

-Sustainable (再利用)-​
水と洗剤を使った手洗いが可能で、繰り返し使用可能。速乾性にも優れている。

-キャリーバッグ (ポータブル)-​​
専用のキャリーバッグには抗菌加工が施されており、持ち運び中も細菌の増殖を抑える。

抗菌剤:PROTX2 
加工部位:内側(肌に触れる部分) 
対象:かぜ・花粉・ほこり 
花粉99%カット 
UPF50+(UVカット)

スポーツショップで一目見た時から、「これ、かっこいいな〜」と思っていました。

美容室でパーマかけてる時に渡された雑誌の中で、「月刊モノクロ」があり、マスクランキングで1位だったのがこのマスクでした。

ちなみにAmazonでも評価数が4000件を超えている、超人気アイテムだと改めて知りました。

このマスクは「アスリートの為に作られたマスク」がコンセプトとなっており、激しい運動を行うアスリートが快適に使っていられることが前提となっている。

私もランニングや登山をする時にはマスクをつけています。上記6つの機能があればどこでも使えますね。

スポーツ系マスクは「抗菌」機能がなかったりしますが、この商品には含まれていますので、通勤など普段使いにもいけます。

運動をすると、通常のマスクでは「苦しくなります」そして「蒸れます」快適とは程遠く、マスクなんて外したくなってしまいますよね。

ちょっと高いけど、デザインもかっこいいし気になるので意を決して買おう!と決めました。

Mサイズは店頭では品切れ多発

マスクってフリーサイズの商品結構あるので手に取ったものを適当に購入してしまうと大失敗します。

最初、パッケージがどれも同じに見えたので、在庫あったラッキーと思って手に取ってみました。よくみると右上にサイズ表記のようなものを発見。

調べるとやはりサイズ展開があり、私はMサイズのようだったのでMを探しました。

しかし市内の大型スポーツショップ3店ハシゴしましたが、全てMサイズ品切れでした。念の為店員さんに問い合わせましたが、「品切れの為お取り寄せ」とのこと。

残っているサイズは大体「XS」「S」「L」でした。

サイズ展開は「XS・S・M・L・XL」

即入手したい場合は出かけるより通販の方が良いでしょう。

サイズ選びに注意

公式サイトのサイジングガイドに則ってサイズを選びました。

ガイドに沿って測ってみるとジャスト15cmだったのですがMにしました。

なるほど、Mサイズでは高さが17.5cmと。

縦寸法を自分の顔を測ってみるとこの位置だと鼻から顎下までちょうど17cmほどだったのでやはりMで問題ないだろう。

※このサイズ表は結構落とし穴でした。後述します

マスクを装着した見栄えについて

さすがAmazon。注文した翌日に自宅ポストに投函されていました。

開けてみてびっくり。まず厚みがすごい。4~5mmはあると思います。

内側はこうなっています。すごい造りですね。これは値段が張るのも理解できます。立体構造になっており、装着した時に、唇がマスクに接触しません。

これによって、口に張り付かないので運動しても息苦しさが軽減されますし、通気性も確保され蒸れにくいです。

実際につけてみました。

横からみるとこんな感じです。

うん…?思ったよりスタイリッシュじゃない…?

そうか、厚みがあるからシルエットが出っ張るのか。どことなく漂うガン●ム感がありますねぇ…。

角度を変えてみても、やはりマスクの存在感がすごい。顎でてる人みたい。

スポーツサングラスでコーディネート。

これなら、納得。スポーツ服に着替えれば見栄え良さそうです。

トレーニングジムとかでこれを身につけていたら一目浴びそうですね。

使用感について【メリット・デメリット】

まず、これだけ厚みがあるのに

  • 「暑くない」
  • 「息苦しくない」

接触冷感生地と通気性、立体構造による非接触面があるからですね。

ランニングしてみましたが、非常に快適。今までのマスクが嘘のようでした。

これだけでも本当に価値がありました。

しかし問題点も見えました。

  • 耳かけが調整できない:長時間着用時痛み
  • 厚みが大きいのが気になる
  • 収納袋が小さい
  • 額から汗をかくとマスクが水を吸って重くなる
  • 「スポーツ感」が強く洋服とのコーディネートを選ぶ
  • 縦寸法が小さく、喋るとすぐずれる

耳掛け部分は調整できず伸縮性に依存します。

サイズがジャスト合えば良いかもしれませんが、私は耳が痛くなりました。

次に、厚みが大きいのは思っていた以上に気になりました。

ちょっと外したい時、よく顎下にひっかけますよね。

こんな風に。この時すごくかさばる感があります。(ネックウォーマーに見える…)

そもそもこういう使用用途として設計されておらず、その為収納袋が付属しているのかもしれませんが。

そしてその収納袋も少し小さいです。説明書の通りに入れようとすると「入りません」もう一つ折らないといけないです。

最大の不満

人, 男, 欲求不満, 頭痛の種, 座っている

サイズに沿って購入したつもりでした。しかし、画像では分からなかったと思いますが、私はMではサイズが合っておりませんでした。

世の中で「小顔」と定義される人は大体縦横比1:1の「丸顔」「卵形」が多数だと思います。

私はどちらかと言えば面長に分類されます。この商品は「縦横比1:1の小顔」向けに作られているものだと感じました。

Mサイズ高さ17.5cm。私は自身の顔にメジャーをピタリとあててみると約17cmだったので問題ないかと思っていました。しかしこの商品、

立体構造なんです(泣)

前に出っ張ってアーチしているので実際には、14~15cmぐらいの縦寸法に当たると思います。

購入する場合「ワンサイズ上」を検討して下さい。

以下、レビューから抜粋

実際にマスクは試着することが出来ないのがネックです。返品交換承っていないところも多く、購入するときは「賭け」になります。

この商品はマスク自体に伸縮性やゆとりがない為、サイズを間違えると

「全く使い物になりません」

通販で注文する場合、サイズ選びに気をつけましょう。(返品交換サービス可否も確認した方が良いです)

また、着用イメージも思っていたのと違う可能性があります。私の姿を見て参考にしてみて下さい。

でも、サイズがしっかりハマれば良いものなのは間違いありません。キラリと光るアンダーアーマーのロゴは「ドヤ感」味わえると思います。

以上をご参考に、ご購入迷っている方は検討してみて下さい☆

Follow me!

最新情報をチェックしよう!
PAGE TOP